日本福祉大学

HOME > 日本福祉大学

持続可能な『ふくし社会』を担う『ふくし・マイスター』の養成

知多半島4市町(美浜町・半田市・東海市・知多市)の少子高齢化や地域活性化等の課題解決を通し、地域の多様な力が協働する持続可能な「ふくし社会」構築を目指します(知多半島モデル)。そのため、 学部と全学教育センターの地域志向教育により、市民力・ボランティア精神・リーダーシップを備え、「ふくし社会」を担う「ふくし・マイスター」を育成します。全1年生対象の「ふくしコミュニティプログラム」で地域への関心を高め、その後、学部と全学教育センターの地域志向教育により、さらに実践的に、地域の理解、地域への働きかけ、多職種・多分野連携の学びを深めます。研究・社会貢献の取組では、市民研究員制度の新設、地域連携推進拠点(Cラボ)の展開などを通じて課題解決と市民活動の促進を図り、その成果は成果報告会で地域に還元するとともに、地域資源バンク(地域人材登録制度)等で教育に還元します。
※2016年7月に知多市と包括連携協定を締結したことを機に、COC事業において知多市とも連携していくことを確認しました。


大学名 日本福祉大学
担当部署 教育開発課
住所 〒470-3295 愛知県知多郡美浜町奥田
電話番号 0569-87-2214
FAX番号 0569-87-2273
連携自治体 愛知県美浜町、半田市、東海市、知多市
お問い合わせはこちら
▲ページのトップへ