第4回目講座開催!!平成29年度高知大学出前公開講座 in 大豊町

HOME > 第4回目講座開催!!平成29年度高知大学出前公開講座 in 大豊町


    1

    高知大学

    第4回目講座開催!!平成29年度高知大学出前公開講座 in 大豊町

     芸西村での平成29年度出前公開講座[第4回目]が開催されました。
     (9月8日(金)19:00〜20:45 大豊町農工センター 文化ホール)

     第4回目は、「風水害から身を守ろう」と題し、高知大学理工学部准教授の張 浩先生による講座が行われました。

     講座では、氾濫や土砂災害の種類・メカニズムが写真やデータによって示され、防災・減災のためには工事などのハード面での対策だけでなく、危険個所の周知や地域での避難体制の確立など、ソフトの面での対策も重要であると説明されました。
     その後、張先生が作成した模型を使い、河川の氾濫や津波による浸水の範囲や勢い、そしてそれによって町にどのような被害をもたらされるか等がシミュレーションされました。また、堤防や排水機場の設置が、津波や浸水の被害を軽減し、避難の助けとなることも示されました。参加者たちは車や建物を押し流す水害の様子に驚き、自分の住む地域でどのように対策していくべきかを思案しているようでした。
     講座のあとには参加者からの質問が寄せられ、最終回の講座も盛況のうちに終了しました。

     講座終了後には、全4回中3回以上の講座に参加された方々に対し、高知大学地域連携推進センターの梶英樹先生より修了証書の授与が行われました。

     これにて今年度の大豊町での出前公開講座は終了となります。
     たくさんのご参加ありがとうございました。


    ▲ページのトップへ