第48回羽村市産業祭において総合政策学部の学生が模擬投票を実施しました。

HOME > 第48回羽村市産業祭において総合政策学部の学生が模擬投票を実施しました。


    1

    杏林大学

    第48回羽村市産業祭において総合政策学部の学生が模擬投票を実施しました。

    平成29年11月4日(土)・5日(日)羽村市富士見公園において、第48回羽村市産業祭が開催されました。市内の工業・商業・農業・観光をはじめ、さまざまな産業と消費者団体の活動と成果を紹介する、見て・聞いて・触れ合うことができるイベントです。この催事に総合政策学部の木暮ゼミ2年生10名が、小学生・中学生・高校生など未来の有権者を対象とした模擬選挙を行いました。2日間で1,070名の未来の有権者の方々に投票していただきました。
     開票の結果、小学生向けの「羽村市動物公園のどうぶつ人気者選挙!」の当選者は284票で「レッサーパンダ」となり、中高生向けの「元気な羽村を創ろう!総選挙!」は80票で「ずっと長生き党」となりました。下記より投票結果がご覧いただけます。
     参加した学生は今回が初めてのイベント担当ではありましたが、笑顔で来場者に投票の説明や啓蒙を実施していたのが印象的でした。


    ▲ページのトップへ