【えんむすび隊】“田んぼアート”田植え体験ツアー2017

HOME > 【えんむすび隊】“田んぼアート”田植え体験ツアー2017


    高知大学

    【えんむすび隊】“田んぼアート”田植え体験ツアー2017

     6月4日の日曜日、えんむすび隊は2度の日本一で盛り上がる本山町吉延の棚田に行って田んぼアートのための田植えのお手伝いに行ってきました。

     本山町では昔からある棚田を利用し守るためにも、「土佐 天空の郷」というブランド米を作り、昨年は品評会で2度目の日本一に輝きました。今年で8回目となる田んぼアートでは本山町立小学校の生徒にデザインを考えてもらったところ、同じく昨年日本一に輝いた「しんじょう君」と、「土佐 天空の郷」、イメージキャラクターである「ぽんぽん」を描きたいというアイディアが出たそうです。
     そこで、より多くの方に知ってもらうためにも今年は購入型のクラウドファンディングにも挑戦。無事目標金額に到達し、地域の方、購入して下さった方、本山町立小学校の生徒と一緒にえんむすび隊がアートの植え付け体験をしてきました。



    学生の声

    定期的に関わっていきたい

    私は、今回人生で初めて田植えを経験した。田んぼの泥んこの中に入った時は「おおっ!!!これが田んぼかあ!!!」と思った。冷んやりとしてカエルたちがいっぱいで、足元もスポット泥の中に埋まってしまうところがあったり、田んぼの中は生物が泥山で大冒険でした。あとは、地域の方に「うまいねぇ!!!」とか「また来てや!!」とか言ってもらえるのは「自分は田植えのプロフェッショナルだ!!!」と調子に乗ってしまうこともありました…。
     あとは、本山地域の人たちとの意見交換の中で「人材不足」というコトバがでてきた。自分も何か定期的に関わっていきたいと思う。



    ▲ページのトップへ