COC地域志向教育プログラムの開始

HOME > COC地域志向教育プログラムの開始


    茨城大学

    COC地域志向教育プログラムの開始

    平成27年度に地域志向教育プログラムを開始しました。そのなかでも全学生必修の「茨城学」は、茨城の歴史・地理・文化・産業などの学修を通じ、学生に茨城についての理解を深めさせると同時に、地域を多角的に捉え地域の課題を考える力を身に付けさせます。教員ばかりでなく、連携先の自治体や企業からも講師が登壇します。また、授業構成は、講義、振り返りシートの記入、学生間意見交換、講師とのディスカッションからなるユニークなものです。



    学生の声

    ・私は出身も育ちも茨城県で、最初「茨城学」で学ぶことなんてあるのだろうかと思っていました。しかし、県内生まれでも知らないことがたくさん盛り込まれた講義で、毎回発見があり面白いです。
    ・県外出身の学生ですが、茨城学の授業で一番印象に残っているのは、岡倉天心の話でした。導入が学生たちを掴みきれていないと感じたものの、後半に行くにつれ、岡倉天心がなぜ、どのように建造物を造ったのかが見えてきて、とても興味が沸きました。






    ▲ページのトップへ