COC事業セミナー「対馬を結ぶ山口・プサン・博多:ボーダー研究と異文化共存の実践ワークショップ」

HOME > COC事業セミナー「対馬を結ぶ山口・プサン・博多:ボーダー研究と異文化共存の実践ワークショップ」

  • 開催日 : 2017/03/24
  • 開催場所 : 九州大学 西新プラザ会議室A(福岡市早良区西新2-16-23)

山口県立大学(セリグマン先生による講演)

COC事業セミナー「対馬を結ぶ山口・プサン・博多:ボーダー研究と異文化共存の実践ワークショップ」

 本学では、山口県の地域課題解決に向けて「やまぐち学」研究チームを構成しています。
 この研究の一環として3月24日(金)、「対馬がむすぶ山口・プサン・博多:ボーダー研究と異文化共存の実践ワークショップ」を開催しました。
 基調講演では、セリグマン・アダム教授が「違いをもってともに生きる:東アジア国境地域での新たなCEDARプログラム」と題して講義されました。また、岩下明裕教授より国境観光の意義や具体例、成果などについてお話しいただきました。
 山口・福岡をはじめ関西からも参加者がありました。

▲ページのトップへ