文化産業都市倉敷の未来を拓く若衆育成と大学連携モデル創出事業

HOME > 文化産業都市倉敷の未来を拓く若衆育成と大学連携モデル創出事業


    「くらしき学講座」

    くらしき作陽大学

    文化産業都市倉敷の未来を拓く若衆育成と大学連携モデル創出事業

    「くらしき学講座」がスタートしました!

    本年度より「くらしき若衆」育成プログラム」がスタートしました。新入生対象の「くらしき学講座」では、地域の方々による講義を通して倉敷を学ぶことや、「倉敷発見バスツアー」を行いました。大原美術館や美観地区、児島のジーンズストリートを中心に、教職員と各学部の先輩が各見学先や行事を企画したバスツアーでは学生約400名が参加し、様々な課題を発見してきました。これから、いよいよ地域での貢献活動に参加します。22コース準備され、最も魅力的なコースは「倉敷トリビア発見隊!!」です。


    くらしき作陽大学1 くらしき作陽大学2 くらしき作陽大学3

    学生の声

    倉敷発見バスツアーの参加者の感想です。
    ・倉敷の再発見になった。
    ・倉敷の地域についてよく知ることができた。
    ・ウォーキングが一番印象に残りました。地域の人とコミュニケ―ションが取れ、
     自分たちで地図を見ながら歩くのがとても楽しかったです。
    ・その地域の人々のことを知ることがとても大事だと分かったのでもっと理解を深
     め、自分ができることから貢献していきたいと思います。
    ・倉敷を活性化していきたい。



    ▲ページのトップへ