地域志向教育の推進と実践

HOME > 地域志向教育の推進と実践


    信州大学

    地域志向教育の推進と実践

    地域戦略センターでは、地域、社会のリアルな課題をケース・フィールドとしてアクティブ・ラーニング(AL)の手法を取り入れた授業の開発、推進に取り組んでいます。ALの一つであるPBL(Project Based Learning)を導入している「地域ブランド実践ゼミ」について紹介します。本授業では、UIJターン者を対象に移住・定住時の課題について調査し、市長および市民に解決策を提案し、市の総合計画に反映されます。



    学生の声

    ケースメソッドの学習を通じて課題解決のアイデアを学んだり、地域を訪れ課題を探し解決策を模索するうちに、地域の問題を私自身の問題として捉えることができるようになっていくのを感じました。「私にも何かできるかもしれない」という気持ちになれたのはこの授業での一番の収穫だと思います。
    (教育学部学生)



    ▲ページのトップへ