「しまね大交流会2018」を開催しました。

HOME > 「しまね大交流会2018」を開催しました。


    島根大学

    「しまね大交流会2018」を開催しました。

    来場者過去最大!山陰地域最大級の「交流」「キャリア教育」の場として定着

     「学び」「魅力発信」「イノベーション」の3つを目的に、今年で4回目となる「しまね大交流会2018」が、12月15日(土)松江市のくにびきメッセ大展示場にて開催されました。 この大交流会は、学生・生徒の地元への就職・進学の幅を広げ、地域への若年層の定着を図るキャリア教育の一環として、高等教育機関、行政、経済団体などでつくる実行委員会と島根大学が主催したものです。
     当日は島根・鳥取の企業・団体・大学研究室等208ブースの出展、学生・生徒約1500名を含む2600名を超える来場者があり、会場は若者と大人の交流で熱気に包まれていました。
     今回は新たに島根県教育委員会も共催に加わり、高校生向けのセミナーと保護者向けのセミナーも実施し、300名を超える高校生の来場もありました。



    学生の声

    学生・生徒からは、「今まで知らなかった分野の企業や団体の方とお話しすることができ、想像以上に楽しめた」、「インターンシップに行くきっかけが作れた」、「実際に働いている方の話が聞けたので今後の就職活動に役立てたい」といった声がありました。







    このページの内容は役に立ちましたか?(お寄せいただいた評価は運営の参考と致します。)

    その理由:
    お探しの情報はみつけやすかったですか?

    その理由:
    ▲ページのトップへ