丸久課題解決型インターンシップ(PBI)〜「山口ゆめ花博」で記憶に残る特製弁当を開発!

HOME > 丸久課題解決型インターンシップ(PBI)〜「山口ゆめ花博」で記憶に残る特製弁当を開発!


    山口大学

    丸久課題解決型インターンシップ(PBI)〜「山口ゆめ花博」で記憶に残る特製弁当を開発!

    文部科学省「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」の取組の一環として、YFL育成プログラムの300番台科目「課題解決型インターンシップ(PBI)」を株式会社 丸久において実施しました。
    株式会社丸久は食品スーパーマーケットのアルク・マルキュウ・サンマート・ピクロスや、ショッピングセンターのアトラスなど、山口県を中心に福岡県、広島県を含め81店舗を展開する企業です。本PBIでは、県の中核イベント山口ゆめ花博において販売予定の“記憶に残る”特製弁当の企画から販売までのテーマに対して、学生11名が企業関係者等との意見交換をもとに、6月から9月にかけて商品開発を実践的に体験しました。



    このページの内容は役に立ちましたか?(お寄せいただいた評価は運営の参考と致します。)

    その理由:
    お探しの情報はみつけやすかったですか?

    その理由:
    ▲ページのトップへ