【茨城大学:小松崎 流緋さん】茨城と向き合い茨城に根ざし、未来を育む地域協創人材養成事業

HOME > 【茨城大学:小松崎 流緋さん】茨城と向き合い茨城に根ざし、未来を育む地域協創人材養成事業


    取組内容

    「地域協創人材教育プログラム」

    茨城大学が中心となって実施する地域協創人材教育プログラムとは、茨城大学、茨城キリスト教大学、茨城県立医療大学、茨城工業高等専門学校、常磐大学が協働して行う人材教育プログラムのことです。COC事業で立ち上げた「地域志向科目」を履修することに加えて、「就業支援科目」並びに「インターンシップ科目」を履修することで、「地域の理解力」「地域の課題発見・解決能力」「実践に即したプロジェクト企画能力」を有する学生を育成します。
    これらの能力を有する学生を、茨城県という地域を理解し、そこでの課題を発見し、解決するための方法を企画することのできる人材とみなし、「地域協創人材」として認定します。

    概要図

    学生インタビュー

     

          名  前   ≫ 小松崎 流緋(こまつざき りゅうび)

      大学/学部学科/学年 ≫ 茨城大学/人文学部社会科学科/3年生
       
          出  身   ≫ 茨城県

         好きな食べ物  ≫ バイト先のまかない

         座 右 の 銘 ≫ 『どうせやるならしっかりと』

          趣  味   ≫ 音楽とお酒、コミュニケーション





    INTERVIEW

    この取組みに参加した学生からお話を聞きました






    きっかけは「茨城学」。



    Q.あなたが初めて参加した「茨城学」について質問です。
     この取組みに参加したきっかけを教えて下さい。

    A.1年次の必修授業だったため履修しました。すべての講義が非常にためになるもので、自分自身の知見を広げることにつながったと感じています。特に、茨城にどのような問題があるのかについての理解が深まりました。
    そして、この授業を履修したことで、企業や教員のみならず、同じ大学の先輩たちの活動、例えば茨城の食を活かしてイベントを行う団体の活動を知ったことが、農プロをはじめとし多国籍カフェや「カケルナニカ」といった活動を始めるきっかけとなりました。







    継続的にもっと多くの人の役に立つために

     

    (学生の自主的PBL活動「農プロ」から「カケルナニカ」の起業へ)



    Q.県内で起業したいと思うようになったエピソードがあれば教えてください。

    A.もともと人と関わることが好きだったこともあって、「農を通じて人と人が繋がる、人と人を繋げる」といったコンセプトのプロジェクト「農プロ」(COC企画型地域人材育成事業)を立ち上げました。このプロジェクトでは耕作放棄地をお借りし、地域の人やメンバーの知り合いと一緒に畑を作り、最終的にはみんなで収穫して調理して食べる、といったことをしました。
    この活動で出会った方々は、自分たちを快く応援してくださいました。そのことでさらに「人」を好きになり、起業を意識するようになりました。また「コミュニティ」に関しても、これまではただ人が集まっていればコミュニティだと思っていましたが、そのあり方は様々で、「その場」を共有できる人間の集まりがコミュニティだと、一つ上のステップで考えることができるようになりました。

    しかし「農プロ」の活動は助成金によるものであり、永続性を見込めるものではないと感じていました。だからこれからは、与えられた予算の中からではなく、自ら利益を産み出すような活動をしてみたい、そして継続的に多くの人の役に立てると思ったことも起業のきっかけとなりました。



    2

    「農プロ」の活動の様子





    多種多様な人との出会いが、今も活動の支え



    Q.これまでの活動が、起業する際にどう役立った・またはどう役立つと考えますか?

    A.企画書を書き、組織を作り、予算を動かし、活動を形にするということを、机上の空論ではなく、実際に行えたことが大きかったです。お金がかかっているお遊びじゃない活動だからこそ生まれる悩みだったり、メンバーの衝突なども経験できたことは現在のマインドにも大きく関わっています。メンバー内で組織を大きくしようとするものと、そのままの大きさでより質をあげようとするものの間で喧嘩が起こったことがありましたが、こういった方向性の違いを乗り越えた経験は、その後の活動に生きていると実感しています。

    農プロの活動を皮切りに多くの活動をすることで、実に多種多様な人々と出会い、自分の世界観が広がりました。現在活動していくうえでもその人脈は役立っています。
    今でも、僕が自分で起業し活動していく中で困ったことがあった際に相談するのは、農プロの代表です。

    また、新たな事業として「カケルナニカ」というブックカフェ兼イベントスペースを立ち上げました。立ち寄った様々な人が違和感を覚えて、ちょっと普段と違うことしてみようと思うきっかけになる場所作りを目指しています。このイベントスペースには、農プロの活動を通して出会った方が、来客してくださるだけでなく、イベントをしてくださることもあります。







    まずはやってみること。



    Q.最後に一言おねがいします。

    A.まずはやってみることだと思います。準備が整ってから、と考えていてはいつまで経っても準備は整いませんし、バイトや課題があって忙しいから、と言っていてはいつまでたってもバイトや課題をこなすのみのスケジューリングや生活を変えられません。実際に何かにジョインしてみてそれからどう時間を調整すればこなせるか考えるべきです。どうしても無理だったらどれかを削ったりやめればいいんです。まずはやってみること。それが興味の本筋じゃなかったとしても新たな価値観を得られるかもしれないし、やめるのはいつだって自由です。
    一歩踏み出す勇気がない人はぜひ何かをしている人に巻き込まれちゃいましょう。「巻き込まれ力」は多くのリーダーが生まれ続けている現代において非常に大事な力だと思います。もし身近にそういう人がいなければ友人を誘って何かを始めてみましょう。一人では難しいこともパートナーがいることで進むこともあります。



    4

    ブックカフェ兼イベントスペースとして立ち上げた「カケルナニカ」



    参考資料/関連Webサイト


    【関連資料】


    地域協創人材教育プログラム(PDFファイル:370KB)


    【関連Webサイト】

    ・茨城大学COC/COC+(Facebook)はこちら



     

    こちらに掲載されている大学の取り組みに興味のある方や、記事の内容に関するお問い合わせは、こちらまでお願いします。

    茨城大学社会連携センター事業推進課

    TEL 029-228-8418

    FAX 029-228-8089

    E-MAIL orr★ml.ibaraki.ac.jp

    (メールを送るときは、★を@に変えてください)

     

     

     

     

     



    Adobe Reader

    PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。
    Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。
    「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。


    このページの内容は役に立ちましたか?(お寄せいただいた評価は運営の参考と致します。)

    その理由:
    お探しの情報はみつけやすかったですか?

    その理由:
    ▲ページのトップへ