地域キャリア論「地方創生推進士から学ぶ」を実施

HOME > 地域キャリア論「地方創生推進士から学ぶ」を実施


    高知大学

    地域キャリア論「地方創生推進士から学ぶ」を実施

    5月31日(木)高知大学朝倉キャンパスにて、地域キャリア論「地方創生推進士から学ぶ」を実施しました。
    今回は、本事業で実施している地方創生推進士のプログラムの1つである「社長インターンシップ」を切り口に、学生を受け入れて下さっているミタニ建設工業株式会社 代表取締役社長の三谷剛平さんと、四国管財株式会社 代表取締役社長の中澤清一さん、地方創生推進士である地域協働学部4年生の下村海登くんと松田柚紀さん、同じく地方創生推進士で卒業後に高知県内企業へ就職した岩瀬誠司くんに登壇していただき、地方創生推進士の魅力についてお話いただきました。



    学生の声

    フランクな印象を受けた

    聴講していた学生からは、「社長インターンシップは認知していたが、なかなか折り合いがつかず、参加できていなかった。今回の講義を聞き、可能な限りサポートしていただけると知り、今後是非参加していきたいと思った。」や「敷居が高いイメージがあったが、実際に参加した学生や受け入れ先の社長さんからの話を聞き、とてもフランクな印象を受けた。県内就職にも魅力を感じ、今後は視野を広げてみたいと思った。」など感想をいただき、大変有意義な講義となりました。




    このページの内容は役に立ちましたか?(お寄せいただいた評価は運営の参考と致します。)

    その理由:
    お探しの情報はみつけやすかったですか?

    その理由:
    ▲ページのトップへ