福井型「新採用学」研究会 REPORT 2017

HOME > 福井型「新採用学」研究会 REPORT 2017


    福井大学

    福井型「新採用学」研究会 REPORT 2017

    採用学が、「これから」を変える。福井の未来をつくる。

    この研究会の発足は、多方面から聞こえてくる「若者を県内に定着させるにはどうしたらよいか?」という問題意識の共有から、始まっています。
    平成27年度から福井大学を責任校に県内全ての4年制大学が参加し、地域志向科目を地域でのフィールドワークやインターンシップ等を交えた教育改革等により、地域に関心を持ち、理解を深める、地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)に取り組んでいます。
    今回、この研究会にて、報告書(REPORT2017 講義・質疑応答編/講師編)を作成しました。
    (詳しくは、「詳細はこちら」まで)



    このページの内容は役に立ちましたか?(お寄せいただいた評価は運営の参考と致します。)

    その理由:
    お探しの情報はみつけやすかったですか?

    その理由:
    ▲ページのトップへ